バッグ挿入法による豊胸について

豊胸は、さまざまな手術方法があります。

その一つが、バッグ挿入法です。

大阪の美容皮膚科が最近こちらで話題になっています。

バッグ挿入法による豊胸手術は、胸部用インプラントを胸に挿入することで胸を大きくする方法です。

胸部用インプラントは、液状やジェル状の内容物が入ったシリコン製のものが多くあり、世界中のさまざまなところで開発されています。

OKWave情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

形状はラウンド型や、アナトミカル型、アシンメトリー型などがあり、一人一人の要望にあったさまざまなものがあります。


豊胸に使うインプラントの内容物にも種類が多くあります。
生理食塩水やハイドロジェル(CMC)、コヒーシブシリコン、ソフトコヒーシブシリコン、バイオセルバッグ、メモリージェルバッグ、クリスタルバッグ、ベッカータイプバッグなどがあります。

生理食塩水は、人間の血液と浸透圧と同じ0.9%の濃度のものが使われているため、万が一、シリコンバッグが破れてしまっても、体内に異常が起こることがほとんどなく、安全性が非常に高いことが特徴的です。

ハイドロジェルは、生理食塩水がジェル状になったものであり、安全性が非常に高い素材です。

コヒーシブシリコンは、粘性の高いシリコンジェルが入っていて、万が一バッグが破損したときにも、内容物が拡散しにくいため、安全性が考慮したものになっています。バッグ挿入法による豊胸は、一度に大きなバストアップをすることができるため、人気が高いです。

独自性の高い大阪の脂肪吸引の初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

バッグ挿入法ができるクリニックも多くあり、全国各地で手術をしてもらえます。