フリーランスは専門家とうまく付き合う

フリーランスは専門家とうまく付き合うべきです。


フリーランスは事業活動以外にも、事業に付随する事項がかなりあります。


それは公的機関への申請や提出などの行為や営業上のトラブルの対処など雑務が非常に多いことに気付きます。



何が事業を企画するにも役所の許可が必要であったり、あるいが自分が供給した商品になにが不備がありトラブルになったりしたりするとそのことに時間を割かなければならなくなり、本業がおろそかになります。こうした場合には、いくらフリーランスといえアウトソーシングできるものはするべきです。



お金を払って専門家に依頼するのはもったいないと考えがちですが、事業活動のためを最優先に割くべきでその時間こそが事業から利益を生むことを考えれば、その貴重な時間を買うつもりで専門家への顧問料は経費として必要なものです。



そしてこのような専門家をうまく付き合うことで事業活動を円滑にするべきです。

幸いにもいまは士業は競争が激しいです。

弁護士の人数は過剰になり、税務の仕事は公認会計士と税理士で争奪しあっていますのでその顧問料は以前と比べる相当やすくなりますので経費としてしっかり考慮にいれておくべきです。

こうした専門家のアシストを比較的リーズナブルな費用をうまく活用すればするほど事業活動はうまくいき専念できる分また違ったビジネスチャンスもうまれる可能性もあります。


事業活動の完全専業化はフリーランスにとって大事なポイントであると言えます。